山景緑化 Q&A
■当緑化は、地植えの場合、時期的に植木が枯れる恐れのある場合は販売を見送ります。
■植木にとって「水」は命です。水が多すぎても根ぐされしますし、なくても枯れてしまいます。土壌管理も大切なことです。
Q
「実のなるヤマモモ」について
A
実のなるヤマモモは、接木で生産されています。庭に植えてあるヤマモモの幹の大きさはどのくらいですか?幹周(地面から高さ120cmの所)が15cm前後くらいになりましたら実がつくようになります。実生の樹木(葉に小さなギザギザした物がある)なら実がつかないと思います。
Q

■ソヨゴについて(沖縄の方)

A
ソヨゴは山地に生え、寒さに強い樹木です。生産量は少なく、一般に山で自生した物を移植して 根を作った物が主に流通されています。暖地ではどうかと思いましたが、台湾にも分布しているみたいなので沖縄でも育つかもしれません。ただ日向より日陰(半日陰)のほうがいいです。
クリスマスツリーで使われているモミノキやトウヒなどは寒い地方でしか生産されていなかったのが、現在では暖地でも苗木から育てればその気候、土地になれて生産はできています。
Q
配送料金はおいくらですか?
クロネコ(ヤマト運輸)様のホームページをご覧下さい
Q
ハイノキについてお伺いしたいのですが?
生産量は少なく、一般に山で自生した物を移植して、根を作った物が主に流通されている樹木なので樹形も色々と異なります。
Q
カマツカの苗木を探しているのですが、貴社でのお取り扱いはありますか?
当緑化のカマツカの在庫は、高さ2m〜3mの樹木しかありません。
カマツカは、自然に生えて育った物を掘って移植(細かい根をつくる)した木が主に出荷されています。
現在、生産量は少ない状態です。(当緑化でも、増殖に努めているのですが・・・。繁殖が難しいのです)
Q

シマトネリコなのですが我が家もこの春、庭に(170p程の大きさ)植えました。他のホームページを見てみると葉が落ちる?シマトネリコはお花の咲くものと咲かないものがあるのでしょうか?また、咲くものはどのくらいの大きさになったら咲きますか?一般に販売されているシマトネリコとはお花がさかないのでしょうか?

  ■シマトネリコについて
 シマトネリコの花は5月頃咲きますが、若木にはあまり花をつけてないようです。 枝葉のやわらかい感じがよい樹木なので花はあまり気にしてはいなかったのですが、 当緑化のシマトネリコも2.0mで花が咲く木もあれば、3.0mになって咲く木もあります。 日向で肥沃な土地に植えてあるのが好ましいのですが、 どれも同じ実生(種子をまいて育てた木)の樹木なので花は咲くと思います。 ただ虫がつくと樹木の生長の妨げになります。 新芽時期(4月〜5月,8月〜9月)の消毒が必要になります。
■落葉について
 ポットに入っている木や移植物(あらかじめ根を切って細かい根を作った物)なら葉が落ちる心配はないですが、根が荒れている物(何年も同じ所で育てた物)なら出荷して植えた後に葉が落ちる可能性があります。ただ冬の時期は霜に弱いので葉が枯れたように落ちてしまいます。
Q
◆はいの木についても教えていただきたいと思います。配送は、していただけるのでしょうか?
A
■ハイノキは暖地の山地に生え、樹皮は暗紫褐色。4〜5月に白い花をつけます。ここ数年流通し始め、人気の樹木でありますが、生産量が少ない樹木です。
■配送は、宅急便(高さ1.7mまで)でございます。
Q
◆品物到着後の植え付けは?
A
■着きましたら水やりを忘れずにお願いします。根鉢に巻いてある縄,ムシロは、腐りますのでそのまま植えていただいて結構です。
Q
◆料金の支払いは?
A
■請求書による口座振込みとなっております。
(到着日より、7日以内のご入金をお願い申し上げます。)
◆ご請求金額が大きくなる場合は、振込み確認後の商品発送になることもございます。
Q
■植込みについて(6月)
A
・土の状態がよくわかりませんが、水はけがうまくいくようにしてください。(根腐れをする)
・堆肥(赤玉土・培養度・腐葉土など)を土と一緒に混ぜて植えてください。(排水をよくし、発根をよくする)
・間引き剪定(3分の1程度)をしてください。(移植ものではありますが、根を切っていますので樹木が水あげに無理をする)
・植込みの時は水ぎめをする。(たっぷりの水を与え定植)
・梅雨時期なので水やりもあまりしなくていいのですが、乾いた時、夕方涼しくなってからしてください。
 
クリスマスツリーに使われるドイツトウヒとモミノキの葉の違いです。
ドイツトウヒ
モミノキ
HOME

Copyright (C) 2004 sankeiryokuka Corporation. All Rights Reserved